ショートストーリー

『一人の理由』編

  • こんにちは! インタビュアーのハルです!

    今回は孤高の空賊、シュタールさんにお越しいただきましたー!

  • よろしくー

    ……ってちょっとちょっと~

  • え、え、何でしょうか……?

  • その、『孤高』っていうのやめてよね~

  • あ、すみません…… カッコいいかと思ったんですが……?

  • いや、確かにかっこいいんだけどさー

    それじゃあ、まるで私が一人ぼっち見たいじゃん?

  • そうでしょうか……?

    でも、シュタールさんってどこにも所属せずに助っ人的な感じで空賊してますよね?

  • まあね~

    だって、空賊団ってめんどくさいんだよ~

  • ……といいますと? 何かあったんですか?

  • 昔ちょっとね~……

    だから、一人で気ままにやってるんだよ♪

  • そうなんですか……

    そんな助っ人業も引っ張りだこのようですが?

  • まあ、そんなこともないと思うんだけど……

    でも頼ってもらえるのって嬉しいよね

  • なんだか、わかる気がします

    それとですね、シュタールさんは空賊界最強との呼び声も……

  • あはははは!

  • ???

  • 私は自分が最強だなんて思ったこともないよ!

  • そうなんですか? でもお話を伺うに、最強と言われるに相応しい活躍をしてますよね?

  • 一体、どんな話を聞いたらそんなことになんの?

  • えーっと……手元の資料によりますと……!

    浮島一つを支配してた大空賊団を一人で壊滅させた……

  • そ、それは仕方なかったんだよ!

    あの島の名物料理食べに行ったのに邪魔するからさ~

  • あ、やったことはやったんですね……

    あとは……辺境にある龍が棲んでる島で、大型の翼竜を怒らせた……

    何したんですか、これ!?

  • いや~、えへへ……

  • いや、えへへじゃなくて……

  • 龍のお肉は美味しい、っていう噂があってさ

    大きいのならちょっと盗ったくらいじゃバレないかなー……って思ったんだけど

  • バレたんですね

  • うん、おもいっきりね

    そりゃそうだよね、痛いもん

  • どうりで最近あの空域が騒がしいんですね

    この前も、あの辺を拠点にしてる空賊団が20くらい集まって連合艦隊組んで翼竜討伐に乗り出してましたけど……

  • へー、そうなんだ

  • そんな他人事みたいに……

  • でも、倒せなかったんだねー

    かわいそうにねぇ

  • ……? 失敗したってなんで知ってるんです?

    まあ、確かに空賊たちは歯も立たなかったみたいですけど……

  • その翼竜、昨日遭ったからさ

  • ……!!!

    そ、それでどうしたんですか!!?

  • え、美味しかったよ?

  • ……は?

  • いやー、龍って頭いいんだねー

    ちょっと話したら少し分けてくれたよ、お肉

    最初から正面から堂々と行けばよかったんだねー

  • (ち、違う……自分の身体をちぎってくれるわけ無い……)

    (命ごと取られる前に差し出したんだ……!)

    (この人、最強っていうより最凶……)

  • ……? ハル?

  • は、はぃ!?

  • どうしたの?

  • い、いえ、なんでも……!

  • なんか震えてない? 寒い? 大丈夫?

    <

    あと、そんなに離れてたっけ??

  • あ、近付か……いえ、気にしないでください

  • そう?

    まあ、そんなわけで私は最強なんかじゃないんだよ

  • い、いや……充分、サイキョウだと思いますけど……

  • もう! 違うってば!

    そんなにしつこいと怒るよ!!

  • ひぃ……っ!!!

  • ひ……? ハル……?

  • いや……

  • あれ!? ハル!? おーい! どこ行くのー!?

  • いやあああああ! ちぎらないで! 食べないでええええええ!!

登場人物: ハル / シュタール

一覧へ戻る

ハル

【艦隊連盟】の総合オペレーター。 一人で艦隊戦のオペレーションから雑務までを幅広くこなしており、艦隊連盟で彼女のお世話にならないことはない。 駆け出しのプレイヤーに対してさまざまなサポートをしてくれる。

images

ショートストーリー

『記念すべき初インタビュー?』編

シュタール

自分の空賊団を持たず、通りすがりの空賊団の助力をしながら旅をしている流れ者の空賊。実力の高さゆえに、多くの空賊から所属の依頼が絶えない。

images

ショートストーリー

『一人の理由』編