ショートストーリー

『触れてはいけない領域』編

  • みなさ~ん、お元気ですか~♪

    私はいつも元気いっぱい! インタビュアーのハルです!

    今日も張り切ってインタビューしていきましょう!

    本日のゲストは空賊団『フルーリア』の特攻隊長、カガリさんです!

  • ご紹介に与った『隻眼の断頭台』カガリである

  • (隻眼の……? そんな風に呼ばれてるなんて聞いたことないけど……)

    随分物騒な二つ名ですねえ……?

  • ふっふっふ……

    みな、それほどにこのギロティーヌが恐ろしいということさ

  • (ギロ……?)

    『フルーリア』と言えば艦隊連盟でも手を焼かされる実力者集団ですし……

    その特攻隊長ともなれば、実力もひとしお、と言ったところでしょうか?

  • ま、契約を交わしたこのギロティーヌにかかれば、大抵の船は真っ二つさ

  • (ああ、あの斧に……ギロティーヌって名前つけてるんだ……)

    ……って、え? 契約……ですか?

  • そうさ……自らの肉体を捧げる契約……

  • に、肉体を……(ごくっ)

    も、もしかしてその眼帯は……!

  • 察しが良いな……そういうことさ

  • 隻眼……断頭台……二つ名は、まさにカガリさんの境遇を示しているのですね……

  • そう……片目を代償に得たこの力にぴったりな二つ名さ

  • でも……なんか出来すぎな気も……

    それに、『隻眼の断頭台』なんて二つ名で呼ばれていることも、初めて知りましたし……

  • ……は?

  • それに、肉体を捧げないと使えない武器なんて、どうやって造られたかもわからないじゃないですか

    ちょっと、触ってみてもいいですか?

  • ……だ、駄目だ!契約していない者が触ったら何が起こるか……!

  • だったらそんなもの、どうやって手に入れたんですか?

    ますます疑問が深まるじゃないですか!

    証明のためにも触らせてくださいって!

  • 駄目だ、駄目だ!! それは絶対に出来ない!!

  • ……怪しい!ホントは契約なんてしてなくて……

    その眼帯もただ付けているだけで、二つ名も自分で考えたんじゃ……?

  • ち、違う!断じて違う! この左目はギロティーヌに捧げたのだ!

  • じゃあ外してみてくださいよ

  • !!!

    そ、そんなの駄目に決まってるだろ!?

    エグい傷跡なんて、女の子の見るもんじゃない!

  • ……あれも駄目、これも駄目……ですか

    それじゃあ、なんにも信じられませんよ?

  • ~~~~~~~~~っ

    ……あーしまったー、もうこんな時間だー

    船団の会議に遅れてしまうー、帰らなければー

  • とてつもなく棒読みですけど……ウソですよね?

  • ………………

  • ………………

  • ではこれにて失礼!

  • あっ! ちょっと待って下さいよー!

登場人物: ハル / カガリ

一覧へ戻る

ハル

【艦隊連盟】の総合オペレーター。 一人で艦隊戦のオペレーションから雑務までを幅広くこなしており、艦隊連盟で彼女のお世話にならないことはない。 駆け出しのプレイヤーに対してさまざまなサポートをしてくれる。

images

ショートストーリー

『記念すべき初インタビュー?』編

カガリ

空賊団フルーリアの特攻隊長。自身を隻眼の断頭台と称するが、実は斧が重くて振り下ろすことしかできない。

images

ショートストーリー

『触れてはいけない領域』編